サイトメニュー

頭のいぼについて

顔に触れる女性

頭にできるいぼに関してですが、頭皮も皮膚の一部であることから、ほかの部位と同様にいぼ(イボ)ができます。また、頭皮は毛穴が密集しているため、皮脂分泌が多い場所です。こうしたことから、"皮脂分泌が過剰な状態"の意味をもつ「脂漏」という名前がついた、脂漏性角化症ができやすいと考えられています。脂漏性角化症は、別名老人性いぼ(イボ)と呼ばれ、頭に近い部位のこめかみ付近でよく見られます。"老人性"といわれる理由は、加齢による皮膚の老化が原因のひとつと考えられているからです。健康な皮膚では、一定周期を経て細胞が生まれ変わります。これをターンオーバーといいますが、年齢を重ねることで、細胞の生まれ変わりが滞り、古くなった細胞やメラニン色素が排出されにくくなります。すると、しみ(シミ)が現れるようになり、このしみ(シミ)が少しずつもり上がっていくことで、老人性いぼ(イボ)になります。また、老人性いぼ(イボ)は、加齢のほかにも紫外線が一因といわれています。老人性いぼ(イボ)は、放置したままでも問題はありませんが、自然に消えることはありません。また、年齢とともに増えてきり、時間とともに徐々に大きくなったりします。そのほか、老人性いぼ(イボ)は悪性腫瘍と見た目が似ている場合があるので、気になったときは医療機関に相談してください。医療機関での除去方法は、液体窒素による凍結療法、電気焼灼法、炭酸ガスレーザー治療などがあります。炭酸ガスレーザー治療は、患部にレーザーを当てて、一瞬で患部に含まれる水分を加熱し蒸散させることで、いぼ(イボ)を除去します。患部周辺の血管を一瞬で固めるはたらきもあるので、出血があまりないことも特徴です。頭のいぼ(イボ)には、紫外線対策が有効です。顔や腕のように日焼け止めを塗ることができないので、帽子や日傘で紫外線をしっかり防ぐことがポイントです。また、頭皮が乾燥すると、肌のバリア機能が低下することがあります。そうなると、紫外線の刺激を強く受けてしまう場合もあるので、頭皮用のオイルやローションなどで保湿ケアをしっかり行いましょう。